埋没毛について

「埋没毛」とは、本来皮膚から外側へ向かって生えるはずの毛が、皮膚の中を潜行しつつ成長してしまう現象です。これは、除毛の処理をしていると、一定の確率で起きてしまいます。

 

大きな原因として考えられるのは、カミソリやピンセットでのムダ毛の自己処理です。自己処理の際に、毛が毛根から抜き去られずに途中で切れてしまったりして、そのあと毛穴が閉じたため毛穴から頭を出さずにそのまま皮膚の中で成長して伸びていってしまいます。

 

もしくは剃った際でも似たような原因で、カミソリで剃られた毛の先が尖った状態で毛穴より内側に収まった状態で処理が済み、再度毛が成長を始めるときに、皮膚の中を掘り進んで行ってしまうような状態になります。

 

処理後に毛穴が塞がるといっても、汚れなどではなく、剃った際の小さな傷で毛穴周辺にかさぶたができ、それを毛が突き破れないために皮膚の中を潜行してしまうわけです。

 

ワキや、ビキニラインなど、毛の生える方向が一定でなく、皮膚に弾力がない部分ではこれが起こりやすいようです。「埋没毛」になると、それが原因でまたその周辺が赤くなり少し腫れたようになってしまいますし、剃り残しのように見えてしまいます。

 

無理やり皮膚を少し切開するなどして毛が外に向かって生えるようにしても、そのときは良いかもしれませんが、「埋没毛」を二度と起こさないための対策にはなりません。

 

放っておいて何か重大な病気に発展するということはないものの、自己処理をして毛をなくす努力をしている中で、皮膚の中に埋もれて処理ができない毛が何本もあるととても残念な気持ちになります。

 

ほとんどの場合は、毛の成長期が過ぎると自然と分解されるそうですが、炎症を起こしてしまうとそうも言ってられません。レーザー脱毛などで毛根から毛の再生をストップさせてしまえば、この悩みとはさようならできますね!

関連ページ

脱毛器より脱毛サロンが安い?
脱毛器より脱毛サロンが安い?全国の有名脱毛サロンから特に「料金が安い激安キャンペーン」をピックアップ!あなたの街の激安脱毛サロンを紹介します。